ここから本文です。

協会会員研究栽培農園 鈴鹿の森庭園

詳細情報

雄大な鈴鹿山脈を借景に日本全国から集められた世界最大級のしだれ梅の宴演をお楽しみください

鈴鹿の森庭園は、日本の伝統園芸文化のひとつであるしだれ梅の「仕立て技術」の存続と普及を目的とする研究栽培農園です(運営/赤塚植物園グループ)。「呉服枝垂(くれは)しだれ」を中心に、巧みの技と歴史が受け継がれた梅の名木が約200本。
毎年、開花時期に合わせ一般公開しています。中には「天の龍」「地の龍」と名付けられた日本最古と思われる2本のしだれ梅の古木もあります。鈴鹿山脈を借景に、桃色の大輪の花で彩られた早春の日本の美をどうぞご堪能ください。

開花に合わせて実施される夜間ライトアップもおすすめです。

開花状況に合わせて開園時間を延長し、夜間ライトアップが実施されます。日中の姿から一変し、梅の花が夜の闇の中に照らし出された姿は、まるで花のシャンデリアが空から降り注ぐようで幻想的な世界をお楽しみいただけます。
当園は名木古木が多く、樹高が高い木が多くあります。見上げるしだれ梅がライトアップされ、しだれ梅の花々に包まれるかのように感じる光景は、なかなか他では見られない光景です。

名称研究栽培農園 鈴鹿の森庭園
住所〒519-0315 三重県鈴鹿市山本町151-2
電話番号

059-371-1777

交通機関

JR関西本線または近鉄名古屋線 四日市駅から車で約30分
近鉄湯の山線 菰野駅から車で約17分
近鉄鈴鹿線 平田町駅から車で約21分
※タクシーは事前の配車予約がおすすめ

駐車場

あり/200台
※無料 ※バス駐車場あり

料金

大人700円~1700円、小学生半額、未就学児無料
※開花状況により変動

時間

8:00~16:00
※最終入場30分前 ※開花状況に合わせて、夜間ライトアップあり(2021年は20時まで)

定休日

開園期間中無休
※開花時期のみ開園(2月中旬~3月下旬)

リンク鈴鹿の森庭園

※2021年03月23日時点の情報です。掲載内容等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

  • すずぱんラリー
  • 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
  • 鈴鹿モータースポーツ友の会
  • 鈴鹿バルーンフェスティバル