ここから本文です。

協会会員天澤山 龍光寺

詳細情報

『寝釈迦祭り』

龍光寺は京都東福寺派の禅寺で応永30年(1423)称光天皇の勅願寺として建立されました。
毎年お釈迦様の御命日3月15日頃に3日開催される『寝釈迦祭り』は三重県北勢最大級のお祭りで、「大涅槃図」の御開帳、絵解き法話を始め法要や寺宝展、また参道では植木市や露店約200店が並び多くの参拝者で賑わいます。
このお祭りは古来「伊勢路に春を呼ぶ祭り」と謳われ、一方で時期的に天候が不安定なことから「釈迦荒れの時節」「かんべの釈迦の荒れじまい」などとも言われ、良い日も悪い日も人々に親しまれてきたお祭りです。

龍光寺の涅槃図

『寝釈迦祭り』では京都東福寺の画僧・吉山明兆(きっさんみんちょう)が描いたと伝わる日本三幅の一つ「大涅槃図」が開帳され、家内安全を願う多くの参拝者が県内外から訪れます。
この「大涅槃図」は16畳敷きの大きさで、当時涅槃図に描かれた動物達の中で魔物として描くことが許されなかった「猫」が描かれており大変珍しいことから龍光寺の涅槃図が有名になり、お釈迦様の御命日3月15日に因んで開帳されるようになりました。その後地元のご要望もあって土日を含め3日間開かれるようになり今日のお祭りとなりました。

名称天澤山 龍光寺
住所〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸2-20-8
電話番号

059-382-1189

交通機関

近鉄名古屋線 鈴鹿市駅から徒歩約7分
近鉄名古屋線 白子駅より車で15分
東名阪道 鈴鹿ICから車で約20分

※2021年03月23日時点の情報です。掲載内容等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

  • すずぱんラリー
  • 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
  • 鈴鹿モータースポーツ友の会
  • 鈴鹿バルーンフェスティバル