ここから本文です。

石薬師の蒲桜

詳細情報

寿永(西暦1182年~84年)の頃、蒲冠者源範頼(頼朝の弟)が平家追討のため、西へ向かう途中、石薬師寺に詣でて武運を祈願し、戦運を占うため、鞭にしていた桜の枝を地面に逆さに挿して、『我が願い叶いなば、汝地に生きよ』と言って去ったが、活着し生長したのがこの蒲桜であるという言い伝えがあります。

種類
所在地〒513-0012 三重県鈴鹿市石薬師町40番地内
入場料

無料

交通機関

JR関西線加佐登駅から徒歩30分

駐車場

なし

  • すずぱんラリー
  • 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
  • 鈴鹿モータースポーツ友の会
  • 鈴鹿バルーンフェスティバル