ここから本文です。

伊奈冨神社(いのうじんじゃ)のムラサキツツジ

詳細情報

別名「つつじ山」とも呼ばれる裏山や境内には約5千株の紫ツツジが群生しています。
ツツジの高さは3メートルに及ぶものも多くあり、開花期には紫雲がたなびくような美しさで、サクラのあとの楽しみとなっています。

この紫ツツジは今から約700年前の室町時代に稲生山(鈴鹿山)に芽生え、今の鈴鹿サーキット辺りまで咲いていました。しかし、鈴鹿山をけずつて鈴鹿サーキットを建設することになったため、掘り返して神社の裏山に植えたと言われています。

毎年4月につつじまつりが開催されます。

種類ムラサキツツジ(和名/コバノミツバツツジ)・サクラ
所在地〒510-0204 三重県鈴鹿市稲生西2丁目24-20
入場料

無料

交通機関

近鉄白子駅よりCバス9分「稲生局前」下車 徒歩5分、伊勢鉄道「鈴鹿サーキット稲生駅」下車 徒歩約5分

駐車場

あり(100台/無料)

お問い合わせ

059-386-4852

リンク伊奈冨神社公式サイト
  • すずぱんラリー
  • 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
  • 鈴鹿モータースポーツ友の会
  • 鈴鹿バルーンフェスティバル