三重県鈴鹿市観光協会がモータースポーツや文化・お祭り・おいしいお店など様々な観光スポットを幅広い情報で提供致します。




ホーム > 東海自然歩道に面した景勝地

東海自然歩道に面した景勝地

山麓にある標高200mの神社

養和元年(1181年)に創建された臨済宗の禅寺(禅宗東福寺派)で、鈴鹿山脈・入道ヶ岳の麓にあります。
海抜約200mに立地する山門からは鈴鹿の町並みや伊勢湾を通して、志摩半島・知多半島が一望できます。
東海自然歩道にも面しており、春は桜、秋は紅葉と景色も楽しめます。


県指定有形文化財の銅鐘

桃林寺の銅鐘(梵鐘)は県内最古のものであり、昭和27年7月9日に三重県の有形文化財(工芸品)に指定されました。
高さ74.5cm・口径54.5cmで本堂の南縁側に吊るされています。
銅銘の一節には「尾州海西郡門真庄津嶋村、補陀山常楽禅寺、洪鐘一口」「担那道本庵主、大工和州葛城友光、永享八年丙辰十一月廿四日」と書かれています。これは元・尾張津島の常楽寺の鐘で、永享8年(1440年)に道本庵主なる人物を檀那として大和の葛城友光が鋳造したという意味で、県下金工史において貴重なものといえます。
追銘によるとこの鐘は戦国時代に軍卒によって尾張から伊勢に運ばれ、神戸の龍光寺の鐘楼にありました。その後、文化14年(1817年)に龍光寺の新鐘鋳造に伴い、末寺である桃林寺に移されました。

名称
桃林寺
所在地
〒519-0316
鈴鹿市小岐須町800
交通機関
東名阪自動車道・鈴鹿ICから約5分
Cバス椿・平田線でバス停「9:桃林寺」下車
駐車場
有り
電話番号
059-371-0528
PC向けリンク
花だよりの桜ページ

西部エリアにはこんなスポットもあります

 日本武尊(ヤマトタケル)を主祭神とする加佐登神社
日本武尊(ヤマトタケル)を主祭神とする加佐登神社
日本武尊を主祭神とし、古来、御笠殿社(みかさどのしゃ)と呼ばれ崇敬されておりました。日本…
この道39年の大将が握るごくウマのお寿司!!
この道39年の大将が握るごくウマのお寿司!!
鈴鹿の市街地から少し離れた場所にそのお店はある。言わずと知れた“宝寿司”。この道39年の大将…

鈴鹿の山々
鈴鹿の山々
鈴鹿山脈は南北50km,東西20kmの広大な範囲に及ぶ山岳で,アルプス並みの急峻な山容を合わせ持…
鈴鹿でついに抹茶を製造販売『伊勢抹茶株式会社』
鈴鹿でついに抹茶を製造販売『伊勢抹茶株式会社』
東名阪高速道路 鈴鹿ICのもう少し山側でお茶の栽培・製造をしている生産農家です。こちら…

すばらしい梅庭園!!鈴鹿の森庭園
すばらしい梅庭園!!鈴鹿の森庭園
鈴鹿山脈のふもと、『鈴鹿の森庭園』は、2014年にグランドオープンしました。『鈴鹿の森庭…
甚八 JINPACHI
甚八 JINPACHI
シンプルでありながら存在感のある生醤油うどん。喉越しもよく、つるつるの麺は絶品!…

観光バス貸切バスなら神勢観光
観光バス貸切バスなら神勢観光
当社は大型バス5台(H23.10月より1台増車)、中型バス1台、マイクロバス3台を所有しており、観…
東海自然歩道に面した景勝地
東海自然歩道に面した景勝地
養和元年(1181年)に創建された臨済宗の禅寺(禅宗東福寺派)で、鈴鹿山脈・入道ヶ岳の麓…

椿こんにゃく!昔ながらの技と味!
椿こんにゃく!昔ながらの技と味!
鈴鹿山系の恵まれた環境のもと、皆様の健康を願い造り継がれてまいりました椿こんにゃくを、真…
創業明治三十五年の老舗 春泉堂
創業明治三十五年の老舗 春泉堂
鈴鹿山脈を望む鈴鹿市山本町。「椿大神社の参詣客で賑わう小さな町」の通り沿いにある菓子処…



すずかし観光ガイド

鈴鹿市観光協会モバイルサイト
ページの先頭へ