三重県鈴鹿市観光協会がモータースポーツや文化・お祭り・おいしいお店など様々な観光スポットを幅広い情報で提供致します。



知る
ホーム > 知る > お茶を楽しむ・・・ささら(茶茶楽)

お茶を楽しむ・・・ささら(茶茶楽)

鈴鹿の『かぶせ茶』

生産量全国第一位の三重の『かぶせ茶』は、鈴鹿山麓一帯で生産されております。
摘み取る二週間前から新芽に黒いネットを被せて遮光することにより、美しい濃緑色となり、甘み・旨みが増して玉露にも匹敵するような高級茶となります。
普通煎茶にはない贅沢な甘みや旨みをぜひとも味わって下さい。


ささらの使命

農業を担う若者の減少は年々増え続け、高齢化による農業離れが著しい現状から、地域の受け皿となるような工場を建設し、お茶の栽培や生産の減少を食い止めたいという想いで平成19年より稼働しております。
衛生的な最新型の機械設備により、国内屈指の規模で消費者の皆さまに見せる工場として県より認定されており、工場見学(要予約、大人は有料・お土産付き)ができます。

名称
伊勢茶工房 株式会社 ささら
所在地
〒519-0312
鈴鹿市椿一宮町3000番地
交通機関
東名阪自動車道・鈴鹿ICから車で約5分
駐車場
有 大型車OK
時間
9:00〜17:00
定休日
収穫時期は無休ですが、冬場の農閑期は土・日・祝日を休日としています。
電話番号
059-371-8288
FAX番号
059-371-8277
e-mail
sasara@mecha.ne.jp
PC向けリンク
伊勢茶工房 ささら

新芽の息吹

新芽の息吹

冬の寒い季節をじっくりと耐え、春三月末頃からいっきに養分を吸い上げ、新芽が膨らみ、四月に入ると新芽となって開き始めます。若芽の緑が桜のピンクと相まって美しい景観が広がります。
新茶の季節

新茶の季節

「夏も近づく八十八夜〜♪」立春から数えて88日目の5月2日。新茶の季節の到来です!この頃の新茶を飲むと長生きすると言われるように、秋から春にかけてたっぷりの栄養を蓄えています。
一年で最高に美味しいお茶の製造開始です。2〜3週間あちこちでお茶刈り機の大きな音が響き渡り、製茶工場へと運ばれて行きます。
緑茶を使って・・・

緑茶を使って・・・

緑茶を臼で挽き、粉末状にした『粉末緑茶』は、抹茶のようにお使い下さい。
お湯またはお水ですぐに溶かすことができるので便利ですし、栄養成分も丸ごと摂取できます。
お料理やお菓子作りにも手軽に利用して頂けます。
 
(例) お茶ふりかけ  緑茶ドレッシング  緑茶プリン  緑茶シフォンケーキ  ロールケーキ等など

市内で人気のカフェとスィーツのお店でもご使用いただいております。
お菓子作りの際には、抹茶よりも使い勝手が良いとのことです♪

西部エリアにはこんなスポットもあります

当店名物餃子が”鈴鹿ブランド”に認定されました。〜破天荒住吉店
当店名物餃子が”鈴鹿ブランド”に認定されました。〜破天荒住吉店
破天荒は昭和45年に創業して餃子ひと筋、「美味しい餃子を作る」にこだわり続けてたどりついた…
佐佐木信綱記念館
佐佐木信綱記念館
歌人であり、国文学者として有名な佐佐木信綱は、鈴鹿市が生んだ偉人としても知られています。…

田舎のラーメン屋!三鈴ラーメン
田舎のラーメン屋!三鈴ラーメン
鈴鹿インターチェンジに一番近い、昔ながらの田舎のラーメン屋です。 皆さまのおなかと気持ちの…
創業明治三十五年の老舗 春泉堂
創業明治三十五年の老舗 春泉堂
鈴鹿山脈を望む鈴鹿市山本町。「椿大神社の参詣客で賑わう小さな町」の通り沿いにある菓子処…

白子と四日市の境目の神社
白子と四日市の境目の神社
鈴鹿市下大久保町と四日市市鹿間町の境目にある神社。鈴鹿市下大久保町で毎年7月に行われ…
オールキャディー付きの風格漂うゴルフコース
オールキャディー付きの風格漂うゴルフコース
西に鈴鹿の山並みが迫り、東には遠く伊勢湾を眺望できる。三鈴カントリー倶楽部は、豊かな自然…

「いせきれい会」は、障がいのある方のお仕事をサポートしています。
「いせきれい会」は、障がいのある方のお仕事をサポートしています。
社会福祉法人 伊勢亀鈴会は、八野ワークセンター、第2八野ワークセンター、南勢ワークセンター…
ほたるの里
ほたるの里
豊かな暮らしの反面失われていく自然,ほたるもそのひとつです。鈴鹿市西庄内地区では,毎年多…

鈴鹿サーキットにある天然温泉「クア・ガーデン」
鈴鹿サーキットにある天然温泉「クア・ガーデン」
2/7天然温泉「クア・ガーデン」がリニューアル。小さなお子様連れのファミリーに過ごしやす…
正福寺
正福寺
鈴鹿ほたるの里がある自然豊かな山里、西庄内町上野(かみの)の中心部に位置します。春の桜…



すずかし観光ガイド

鈴鹿市観光協会モバイルサイト
ページの先頭へ