三重県鈴鹿市観光協会がモータースポーツや文化・お祭り・おいしいお店など様々な観光スポットを幅広い情報で提供致します。



おすすめ観光モデルコース 寺社仏閣コース
ホーム > おすすめ観光モデルコース 寺社仏閣コース > 「鈴鹿七福神」霊場巡り

長寿や福徳などの御利益を。「鈴鹿七福神」霊場めぐり[巡拝]

椿大神社 猿田彦大本宮

寿老神【伊勢国一の宮】椿大神社 猿田彦大本宮

鈴鹿市山本町1871番地 TEL/059-371-1515

伊勢国一宮椿大神社は、主神猿田彦大神と配祀に全国2000余社に祀られる猿田彦大神の大本宮と称えられ、日本最古の神社であります。

当神社は人皇第11代垂仁天皇27年(今より約2000年程前)に倭姫命の御神託によって高山入道岳(神代のいわくら現存)の麓 現在の鈴鹿市山本町御旅に御鎮座されました。

御神木の椿は不老不死をあらわす椿樹とされて居ります。此の度、鈴鹿七福神の中の寿老神をお祀りするに当り、寿老の神、猿田彦大神の御守りとお導びきを受けられ、長寿と繁栄を日夜御祈念申上げております。


桃林寺

毘沙門天【龍雲山】桃林寺

鈴鹿市小岐須町800 TEL/059-371-0528

当寺は鈴鹿連山を背に伊勢湾を一望する高台にあります。当山は養和元年(1181年)平清盛の孫平資盛草創の道場であります。開山は鳥羽天皇第七皇子覚快法親王、第二祖は藤原兼実の弟慈円大僧正であります。

創建当時、当山の本尊、山門の両脇士(共に運慶作)を始め七堂伽藍の大寺院でありましたが、元弘、建武の世に諸伽藍は破壊、焼失し、その後も再建、焼失を繰り返し、現在に至っております。

当山の銅鐘は県下最古のもので文化財に指定されており、文殊菩薩、西国33番霊場観音、癪観世音菩薩、延命地蔵をおまつりしています。当山のお祀りする毘沙門天は如来の説教道場を守護する四天王の一人であります。


洞水寺

福禄寿【高岳山】洞水寺

鈴鹿市小社町179 TEL/059-371-0604

当寺の里は、鈴鹿山系から地下水が流れ出る地帯だ。大雨の後などには、家の中に伏流水が出る事がしばしばだった。その為大きな地下排水路(洞穴)が掘られ、当寺の真裏をこの洞穴が通過していた。西に鈴鹿の高峰をいただき、裏に洞水が流れていた事から当寺は、高岳山洞水寺と名づけられた。

幸福と長寿、これは人間本来の願いである。当寺のおまつりする鈴鹿七福神、福禄寿の御利益により長寿を願ってぜひ一度。


石薬師寺

恵比寿尊天【高富山】石薬師寺

鈴鹿市石薬師町1番地 TEL/059-374-0394

当山は、今を去る1200有余年の昔、聖武天皇神亀年間(726年)に泰澄大徳より御開創された寺で、後嵯峨天皇弘仁6年(815年)に、弘法大師自ら石に薬師如来の尊像を刻して開眼供養された。

その後男女の厄除霊験いよいよあらたかになり、この事遂に上聞に達し嵯峨天皇勅願道場として菊の御紋章を許されたのであります。又、当山は東海道五十三次の内、石薬師の宿として名匠一立斉広重不朽の傑作にも有名で当山全景を似てしたので由緒深き当寺がいよいよ広く世に伝えられるに至る。

堂内安置の恵比寿尊天は、交通安全、人生の道開きと大量の神として御利益を授けて下さるのであります。


泰應寺

大黒尊天【佛徳山】泰應寺

鈴鹿市伊船町野田 TEL/059-371-0288

当山は天正年間伊勢の国司北畠家の侍大将であった近藤治左ェ門吉景の子治左ェ門吉直の発願によって開かれた禅寺で曹洞宗大本山永平寺の吉祥大黒天の御分霊を特に許されて奉祠いたしております。そもそも大黒様はインドのシヴァ神の化身ともいわれ仏教に取り入れられて仏教の守護神となっております。

日本へ渡来されてからは因幡の白兎の大国主命と一体となって我々庶民に福徳円満、家運隆昌、商売繁昌、縁結び、産業の神として信仰されております。


見性寺

弁財天【真如山】見性寺

三重郡菰野町大字菰野158-4 TEL/059-394-1755

当山は、臨済宗妙心寺派に属し、菰野藩主、土方家の菩提寺として、寛永21年(1644)に創建された寺です。

特に山門は、豪壮で大名の菩提寺にふさわしい格式を備えています。境内には、指定文化財である藩主代々の墓地、水子地蔵尊、新四国八十八ヵ所霊場(北勢32番札所)、弁財天がお祀りされています。

弁財天は、インドでは美しき水の精ともいわれ、やがて音楽の神から福神、智恵の神として信仰せられ、現代では、福知を増し、財宝を得さしめ、また天災地変を除滅し、かつ戦勝を得させる神として大衆に溶けこんでいます。


智福寺

布袋尊【和合山】智福寺

三重郡菰野町菰野2131 TEL/059-393-1333

当山の御本尊は十一面観世音菩薩にして他に薬師如来、及び布袋尊を奉祀する。古来より桜堂とよび寛文12年(1672)道者蓮西、黄檗開山隠元に帰依し菰野城西に小堂を興し後享保6年(1721)東京三鷹禅林寺の黄檗僧賢州を招き当寺を創建する。

明治年間中絶するも昭和25年黄檗49代山田玉田老師によって荒廃せる堂宇を修復再興される。寺宝に僧月僊作の涅槃像あり。尚布袋尊に祈願されば金銀財宝に恵れ和合の福分を得られるのである。


御参拝の方には御福符をお授け致します。
●霊場事務局(椿大神社) 〒519-0315 三重県鈴鹿市山本町1871番地 TEL/059-371-1515

すずかし観光ガイド

鈴鹿市観光協会モバイルサイト
ページの先頭へ